夏冬タイヤ交換の重要性! ハルキンのスタッフブログ

ハルキンのスタッフブログ

STAFF BLOG

夏冬タイヤ交換の重要性!

2019/08/7

みなさん、こんにちは。

今日も非常に暑いですね!

今回は夏タイヤとスタットレスタイヤの交換をちゃんとすることがいかに重要かについてご案内したいと思います。

スタッドレスタイヤと夏タイヤ(ノーマルタイヤ)の違いって?

タイヤの溝の数・深さが違う!
大きな違いは、見た目にもわかるように『溝の数』です。

スタッドレスタイヤは、夏タイヤと比べてタイヤにある溝の数が多くなっています。

夏タイヤは溝の数が少ないため、路面との摩擦が少なくなるので滑らかに走行できます。

一方、スタッドレスタイヤは夏のタイヤと違い、路面との摩擦を多くすることで、グリップ力が向上し走行できます。

この溝が雪を掴んで雪道でも滑りにくくなり、安全に走ることができるんです。

また『溝の深さ』も違います。

スタッドレスタイヤの方が夏タイヤよりも溝が深くなっています。

溝を深くすることで、路面にある水をかき出すことができ、タイヤと路面の摩擦力を高めることができます。

このような形状にすることによって、スタッドレスタイヤは路面の氷や雪にしっかりと食い込み、凍った道路でも滑りにくくなるのです。

スタッドレスタイヤを夏に履いたらどうなる?

燃費が悪くなる、タイヤが破裂(バースト)する危険性がある、ハンドリングが鈍くなる、タイヤの寿命が短くなる、ブレーキをかけても止まりにくくなる…など恐ろしいことづくめです。

また雨の日に高速道路を走行するとハイドロプレーニング現象が起きやすくもなります。 スピードも出ているので、もし急ブレーキをかけなければならない事態になった際、止まらずに事故に巻き込まれる…なんてことも考えられますよね。

また、高速道路の事故でも多いバーストも起きやすくなるので、無理な運転をしないように心がけましょう。

スタッドレスタイヤと夏タイヤはきちんと履き替えよう!

スタッドレスタイヤを夏に使用しても、問題ない場合もありますが、基本的には季節ごと履き替えるのが一番安全です。使用する用途が違いますので、面倒だから…とかもったいないから…とかを理由にすると危険ですよ!

特に雨の日、気温の高い日、高速道路などで長距離運転をする日などは、必ず事前に履き替えましょう。

季節ごとにタイヤを交換し、保管状態が良ければスタッドレスタイヤは5年ほど使うことも可能です。

車のメンテナンスをこまめに行うことで、タイヤの寿命も伸びます。

夏のこの時期にまだスタットレスタイヤだという方がいらっしゃいましたら、履き替えてくださいね。

春日井市の持ち込みタイヤ交換ならハルキン

春日井のハルキンの
店舗情報

店舗の外観写真

株式会社ハルキン

ハルキンは展示車60台以上!どれも高品質で、長きに渡ってご愛用いただけるお車を自信を持って販売しています。指定整備工場と板金工場も併設し、車検、整備、板金塗装、オイル交換、タイヤ交換、パーツの取り付けなど幅広いニーズにお応えします。ご購入後のメンテナンスやサポートも安心してお任せください。

TEL:0568-56-2121

住所:〒486-0803
 愛知県春日井市西山町1丁目4-1

営業時間:9:00~20:00(整備・板金工場9:00~18:00)
定休日:定休日情報はコチラ

店舗情報を詳しく見る

お問い合わせはこちら

0568-56-2121

営業時間:9:00~20:00(整備・板金工場9:00~18:00) 定休日情報

WEBからのお問い合わせ

当社は予約制となっております。
ご来店前にご連絡を頂けると嬉しいです。

春日井市のハルキンには、春日井市、小牧市をはじめ、
名古屋市、犬山市、多治見市、瀬戸市、長久手市など遠方の地域からも多くのお客様にご来店いただいております。