板金事例(ムーヴ/ダイハツ) ハルキンのスタッフブログ

ハルキンのスタッフブログ

STAFF BLOG

板金事例(ムーヴ/ダイハツ)

2019/10/22

リアゲート、リアバンパー、バックパネル交換。

メーカー名:ダイハツ  車種:ムーヴ

「施工の流れ」

ステップ1:損傷の確認

後ろから追突されたとのことで、かなり凹んでいました。

表からだとなかなか分かりづらいですが、バンパーを取って中を見てみるとかなり凹んでいるのがわかります。

凹んだ部分を引っ張り出し、形を整え、交換する部品は切り取り、バックパネル、リアゲート、リアバンパーと新しいものに交換します。

ここで保険の話になりますが、もし追突したお相手の方が保険に入っておらず修理費用が払えないといった場合、ご自身の自動車保険で修理するといったことが可能性としてあったりします。

そういう万が一の場合に備えて、車両保険は必ず入っておいた方がよいですね。

ステップ2:凹んだ部分を引っ張り出す、形を整え補正する。

まずは引っ張って全体のゆがみを直してあげます 。

引き出す角度や、高さなどは、経験と勘だけの作業になります。ただし、寸法は勘ではなく、測定ゲージでしっかりと測定しながら引き出し、基準寸法に合わせていきます。

フレーム修正作業でしっかりと基準値に合わせる事で、この後組み付ける外板部品もキレイに合わせる事が可能になります。

また繋ぎ目の部分などは、シールを貼り水漏れなどがおこらないようにします。これもとても重要な作業工程となります。

ステップ3:塗装

塗装の前に色合わせでオリジナルの塗料をじっくり時間をかけて作り、

塗装のミストが他へ飛ばないようにマスキングして塗装する以外のパネルを保護します。

交換する新品のアイテムは塗装されてない状態で来ますので足付けするためにペーパーを掛け

脱脂を施してた後に塗装のスタンドにセットしてカラー塗装していきます。

マスキングしたボディーの方も同時にカラー塗装します修正箇所中心に外側にグラデーションをかけるようにボカシて塗装します。

ステップ4:完成

塗装後はヒーターで乾燥させて、丁寧に磨いたら別で塗装したフロア、バックパネル、リアゲート、リアバンパーを取り付けていきます。

ここでやはり重要なのは、交換前に引っ張り出したパネル部分です。

ここがしっかり整っていないとすべてが上手くはまっていきません。

なんでもそうですが、いかに骨格が重要かということがわかります。

もらい事故のショックはかなり大きかったようですが、仕上がりにはご満足頂けました。

改めて車を運転する際は細心の注意を払わねばと思った事例でございます。

春日井市の板金塗装・修理ならハルキン

春日井のハルキンの
店舗情報

店舗の外観写真

株式会社ハルキン

ハルキンは展示車60台以上!どれも高品質で、長きに渡ってご愛用いただけるお車を自信を持って販売しています。指定整備工場と板金工場も併設し、車検、整備、板金塗装、オイル交換、タイヤ交換、パーツの取り付けなど幅広いニーズにお応えします。ご購入後のメンテナンスやサポートも安心してお任せください。

TEL:0568-56-2121

住所:〒486-0803
 愛知県春日井市西山町1丁目4-1

営業時間:9:00~20:00(整備・板金工場9:00~18:00)
定休日:月曜日定休 定休日カレンダー

店舗情報を詳しく見る

お問い合わせはこちら

0568-56-2121

営業時間:9:00~20:00(整備・板金工場9:00~18:00)
定休日:月曜日定休 定休日カレンダー

WEBからのお問い合わせ

当社は予約制となっております。
ご来店前にご連絡を頂けると嬉しいです。

春日井市のハルキンには、春日井市、小牧市をはじめ、
名古屋市、犬山市、多治見市、瀬戸市、長久手市など遠方の地域からも多くのお客様にご来店いただいております。